Login

このセクションにある他のページ:

珊瑚礁への脅威

昔からの生態系である珊瑚礁は、生物多様性からすれば陸上の生物を遥かに超えているのにもかかわらず、よく海の熱帯雨林であると言われています。魚釣りや観光では非常に人気で、2.75億人以上の人は珊瑚礁生態系の30km以内に住んでいると言われています。

珊瑚礁は美的価値と漁場資源以外に多くのものを提供します。100カ国以上に150,000kmもの海岸線を守っています。また、外洋生物の交配、給餌地と繁殖地でもあり、マングローブと海草が提供する生態系サービスもサポートします。

しかし残念がら、今日の珊瑚礁は先が見えない状況に直面しています。珊瑚礁の75%は全世界や地元からのプレッシャーを受けております。

気候変動

増加する二酸化炭素レべルと温室効果ガスにより、大気と海水温度は上昇しています。これは、地方からのプレッシャーに加え、珊瑚礁に2つの主な影響を及ぼしています。

1.熱応力 
「大規模な珊瑚白化現象は、水温上昇による反応であり、各地域でより頻繁に発生しているだけでなく、水温の上昇が多く起きるほどより頻繁に起きる現象です。極端な白化現象は珊瑚を全滅し、それほど極端ではない現象は珊瑚を弱くし、生殖能に影響を及ぼし、成長と石炭化を緩めて、無防備な状態にしてしまいます。(Reefs at Risk Revisited, 2011)

2.海洋酸性化 

海中の二酸化炭素レベル増加は海洋化学を変更し、海水の酸度を増やし、珊瑚礁が骨組を作るのに必要とする霰石の飽和水準を低減します。(Reefs at Risk Revisited, 2011)

地方やエリアの最も一般的な脅威は次の通りです。

  1. 乱獲
  2. 破壊的な漁業技術(ダイナマイト、シアン化物、トロール漁業等)
  3. よく観光による沿岸域開発
  4. 土壌流出による汚染
          Divers damaging corals 人口成長率の最も高い地域が珊瑚礁の生存している熱帯地域と重なっているにつれて、人口が増加すると同時に、それらが全て増加しています。現在50%以上の世界人口は海岸の100km以内に生活しており、ここ十年間の末に75%以上まで増加すると推定されています。現在沿岸生態系が世界GDPの8%を、外洋がGDPの25%を貢献していることを考えると、これは非常に重要なことです。                               
 水中の観測者としてダイバーとシュノーケーラーは、珊瑚礁保護の最前線にいます。珊瑚の目と耳であり、脅威による珊瑚への影響を最初に見る人達でもあります。ダイバーやシュノーケラーは、珊瑚礁保護への意識向上やダイビングによる影響を最小限に抑える事により、珊瑚保護に挑戦する独特な機会があります。それにより、規範を示して指導し、さらなる損害を最小限に抑え、大きな脅威や感染しやすい病気に対して珊瑚礁をより強くすることができます。            Anchor on coral