Login

このセクションにある他のページ:

歴史

Green Fins history

グリーンフィンは、ここ数年観光業界と共に発展し、2004年以来ダイビングとシュノーケリング業界による脅威の取り組みの最前線に立ってきました。プロジェクトは、国連環境プログラム(UNEP)のイニシアティブで、2004年にタイでスタートしました。Reef-World Foundationはその後、プロジェクトの発展や運営等をするよう求められました。グリーンフィンのダイナミックなアプローチはどんどん発展し、現時点で世界唯一のダイビングとシュノーケリング業界の環境基準になりました。プロジェクトの実行には、生活や食糧安保の理由で珊瑚礁に頼っている様々な出資者を結びつける全体的なアプローチが必要です。

グリーンフィンは、海洋環境に対して拡大する脅威に関する知識や意識のギャップに取り組む方法として発展しました。数百万人もの観光客は、生物の種が多様である綺麗なエリアへ頻繁に旅行しており、観光業界は世界で最も急成長しています。これは、敏感で重要な海洋環境をどう守るかについてのスキルや知識を伝える良い基盤となり、環境業界の持続も確保できます。

アジアにおける成長

2004年にタイでスタートしてから、Reef-World Foundationは、UNEPの財源を通して2008年にマレーシアとインドネシアにグリーンフィンをスタートし、他の国も参加できる道も発展しました。UNEPの要求により、Reef-World は、2010年にフィリピンでグリーンフィンをスタートし、政府レベルでプロジェクトを堅く推進しました。2013年に、IUCNのイニシアティブ未来のマングローブ(Mangroves for the Future)のもとで、Reef-World と UNEPのパートナーシップがモルディブとベトナムでグリーンフィンをスタートし、急増加する観光客による脅威に取り組むために政府と活動するようになりました。こういった脅威に取り組まないと珊瑚礁にさらなるストレスを与えてしまいます。珊瑚礁は一旦ストレスが上昇すると、気候変動からの更なるプレッシャーに対応できなくなります。

グリーンフィンは更なる成功を収めて、持続可能な観光業界を確保するとともに、海への脅威に対する住民や観光客の意識を向上するために、他の地域に広まろうとしています。