Login

このセクションにある他のページ:

グリーンフィンはどこですか

グリーンフィンは、これまで6カ国で実行されています。これらの国は、国民意識を向上し、持続不可能な観光を減らし、珊瑚保護方法に貢献するため、国連環境計画(UNEP)ミッションの一部として選ばれています。グリーンフィンのアプローチは、UNEP地域海計画の一部で、東アジア海域協力体の調整機関の元で2004年に実施されました。このUNEP地域海計画は、地球上最高の生物多様性地域に位置されており、観光の面において世界で最も成長率が高い地域でもあるから、グリーンフィンにとって優先順位が高い領域となっています。

IUCN、未来のマングローブイニシアティブに基づき、グリーンフィンのアプローチは、モルジブ共和国(東南アジア以外)とベトナムでのグリーンフィンの実施と成長をサポートする地域海計画の一部になっています。国際 コーディネーターとしてReef-Worldは、国政府機関と直接仕事をしながら、計画の実施を支援していますが、指導はUNEPから受けています。

将来

ダイビングとシュノーケリングは、世界中で急速に発達しています。このため、もっと優れた教育や海洋環境への脅威の認識の重要性はかつて無いほど高まっています。UNEPと共に、Reef-Worldは観光客が多い場所をターゲットするため、常に世界の他のエリアにグリーンフィンのアプローチを普及できる方法を探っています。